元アイドル三十路処女の結婚まで

「好きな人が出来て自然と結婚できるだろう」 そう考えていた若き頃の自分をビンタしたい! 三十路処女だった私が結婚するまでの波乱万丈な記憶と記録。

2回目の映画デートが終わり、あえて自分から連絡をせず相手からの出方をみた私。というのも相手がフェードアウトしたいと思ったのなら私から連絡がきたら渋々返信してしまい、そのままダラダラとやり取りが続いてしまう・・・みたいな流れになるのが嫌だったので。余談です

馴れ初めを思い出しながら書くにあたりLINEの履歴を遡ってみたりしたんですが何だ、この微妙な距離感。読みながら「うあああ~」みたいな気持ちになり、途中で断念しました(意味なし)さて2回目に映画に誘われた陽菜子。「もう会いたくないな~」みたいな気持ちや前回は割

初対面後、家に帰ってからお礼の連絡をした私。なんというか自分なりには初対面ですしそれなりに猫かぶってはいたものの、あまり猫被りすぎると大人しいとか思われたらギャップにひかれるよな~とか思ってそういう匙加減が毎度難しくて。かといって初っ端から素を出して自分

↑このページのトップヘ